水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 お気に入りの 魚類養殖 セール 小型 水槽ウォーターポンプ 釣り

水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 水槽ウォーターポンプ 小型 釣り 魚類養殖

765円 水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 水槽ウォーターポンプ 小型 釣り 魚類養殖 DIY・工具・ガーデン 電動工具・エア工具 給水・排水ポンプ /hennin861619.html,釣りポンプ,釣り,水中ポンプ,DIY・工具・ガーデン , 電動工具・エア工具 , 給水・排水ポンプ,primalsurvival.net,水槽ウォーターポンプ,水槽水中ポンプ,765円,ポケット入れ可能,小型,魚類養殖 /hennin861619.html,釣りポンプ,釣り,水中ポンプ,DIY・工具・ガーデン , 電動工具・エア工具 , 給水・排水ポンプ,primalsurvival.net,水槽ウォーターポンプ,水槽水中ポンプ,765円,ポケット入れ可能,小型,魚類養殖 765円 水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 水槽ウォーターポンプ 小型 釣り 魚類養殖 DIY・工具・ガーデン 電動工具・エア工具 給水・排水ポンプ 水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 魚類養殖 【セール 小型 水槽ウォーターポンプ 釣り 水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 魚類養殖 【セール 小型 水槽ウォーターポンプ 釣り

765円

水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 水槽ウォーターポンプ 小型 釣り 魚類養殖

機能:
1。実用性が高く、魚の曝気ポンプとして、または釣りに適した電源オフバックアップポンプとして機能することができます。
2。小型で持ち運びが簡単で、ポケットに入れて持ち運べます。
3。 DC6V電圧、定格電流は約420MA、圧力は400mmHgです。
4。高品質のプラスチック製で、丈夫で耐久性があり、耐用年数は3万倍です。
5。 30CMで測定された騒音は60DBで、静かで人の邪魔になりません。


仕様:
アイテムタイプ:エアポンプ
製品材質:プラスチック
製品サイズ:
モーター径:約25mm / 0.98in
モーターの長さ(ノズルなし):約。 57mm / 2.24in
定格電流:約420MA
電圧:DC6V
ノイズ:60DB(距離30cm / 11.8inで測定)
圧力:​​400mmHg(約53KPa)
耐用年数:30,000時間
適用可能:釣りに適した、魚のエアレーションポンプまたは停電バックアップポンプとして使用できます。

パッケージリスト:
エアポンプx 1

注:
この製品は単なるエアポンプであり、他にはありません。

水槽水中ポンプ 釣りポンプ 水中ポンプ ポケット入れ可能 水槽ウォーターポンプ 小型 釣り 魚類養殖

メニュー

熊本城特別見学通路 未来価値を創造する

熊本城特別見学通路 未来価値を創造する

シルクロード国際文化交流中心 その発想で、人と時間をつなげていく

東京虎ノ門グローバルスクエア 人、まち、未来をつなぐ

動画配信  What we Create?

IDEAS

Case Study
世界から3万人の人材が集うグローバル本社 中国杭州・アリババ西渓5期プロジェクト 2023年竣工予定
アリババ集団の本拠地である中国・杭州西渓園区の第5期となる計画で、グローバル本社の機能を担うプロジェクト。2017年12月に開催された国際コンペにおいて日本設計の「アリババ・イノベーション・バレー」の提案が選定されました。
Report
「環境に優しい庁舎」としてのメッセージは生き続ける
糸満市庁舎は、市庁舎としては当時最大規模となる総発電量195.6KWの太陽光発電システムを設置し、日除けルーバーや昼光利用など、様々な省エネルギー対策により年間のCO2排出量を136トン削減(当時。石油換算値)した、環境建築の先駆的な事例でした。カーボンニュートラル賞など多数の賞を受賞しています。 来年で竣工20年を迎える糸満市庁舎建設に、計画立案から携わってこられた金城寛氏(当時、庁舎担当の糸満市職員。現・糸満市議会議員)にご案内いただき、入社2年目・6年目の日本設計社員3名がレポートします。 アマハジを背景にレポーターの3名。左から福田 晴也 (ライフサイエンスプロジェクト部)、倉知 寛之(関西支社)、大木 玲奈(第2環境・設備設計群) 東京が急に肌寒くなった10月末、まだ夏の雰囲気が残る沖縄を訪れました。 糸満市庁舎へは、那覇空港から車で30分ほど。途中、明治24年(1891年)頃に建てられた沖縄古民家「茶処 真壁ちなー」で昼食を食べ、糸満市庁舎へ向かいます。 「茶処 真壁ちなー」。赤瓦や雨端、一番座、二番座と呼ばれる畳敷きの続き間など、沖縄の伝統的な民家の様式が見られる、登録有形文化財。柱には戦時中の銃弾の跡も残っています。 「糸満市から次の時代の環境建築の前例を」 糸満市庁舎の堂々たる姿が見えてきました。日射と躯体への蓄熱を避けるため、南面は水平ルーバー、北面は縦ルーバー、東西は有孔PCパネル、屋上はシェルターと、全方位囲われています。 最初に目に留まる特徴的な水平ルーバーと、それを支える梁とでつくり出す高さ5層分の巨大な軒下空間は、「アマハジ」(雨端:沖縄の伝統民家に見られる軒下空間)と名付けられました。アマハジの水平ルーバーと、屋上のシェルターは強い日差しを遮るとともに、太陽光発電パネルの架台にもなっています。 太陽光パネルを載せた水平ルーバーを支える梁の長さは25m。巨大な軒下空間に圧倒されます。 福田:沖縄でよく見られる花ブロック(有孔コンクリートブロック)など、地域の風景と馴染む外観でありながら、象徴的な力強さをもっています。 倉知:東京の設計事務所が沖縄で建築をつくるにあたり、沖縄の伝統的な表現に偏りすぎない多角的な視点で設計され、その当時の先駆的な環境建築をつくろうとした姿勢を感じます。ただそのなかでもアマハジや花ブロック、コンクリート打放しの無骨な表現など、沖縄らしい伝統的なものと、現代的なデザインが組み合わされているのが面白いですね。 大木:設備は付加的な要素になることが多いなかで、太陽光パネルや日射ルーバーをデザインの主軸として使っています。それを約20年前に実現したことにまず驚きます。技術的・コスト的にも難しかったという話を伺いましたが、それでも実現することができたのは、『糸満市が次の時代の環境建築の前例をつくる』という、金城さんはじめ糸満市の方々の強い想いがあったからだと分かりました。   「海辺のグスク(城)」 海辺に建つ市庁舎は、「海辺のグスク(城)」をイメージし、那覇空港に発着する飛行機、漁港に着いた船、国道バイパスを通る車など、色々な風景の中で見られることを意識されました。 船をイメージした別棟の屋上デッキ。 倉知:別棟の屋上デッキは海に臨み、潮風を感じる気持ち良い場所です。ほかにも日陰となるアマハジ空間を始め、高度の高い太陽光が差し込む光庭など、庁舎内外のさまざまな場所が「沖縄らしさ」を体験させてくれます。東西は有孔PCパネル、北面は縦ルーバーと、方角で異なる外装も、機能としては各方角に応じて日射しを遮る目的ですが、内部からはそれぞれ違う景色を見せてくれます。   大木:東西に光庭が2つあり、執務室の奥にも自然光や通風を取り込みやすいプランです。その上で、手動ブラインドや換気窓で、ユーザー自らが環境を調節できるようになっています。 西側の光庭。市庁舎の職員の方々により育てられた植物は数も増え、今ではジャングルのよう。 東側の光庭。 福田:ここは海が近く常に潮風にさらされる、建物にとっては過酷な環境下ですが、そうした経年変化も含め、環境や時間の流れを受け入れながら自由におおらかに使われているのも印象的です。   環境に配慮した建築の役割として アマハジ見上げ。斜めの軒下は太陽光パネルを載せたルーバーが互いに影を落とさないよう配置した結果でもあります。 倉知:機械や設備の寿命は建築より短いため、環境建築をどう維持させるかは設計者にとって課題です。糸満市庁舎はPCの日除けルーバーと太陽光パネルが一体となっているので、太陽光パネルの寿命がたとえ終わっても、ルーバーとしての役割が続き、建築と設備が融合した例と言えます。そして何よりこの姿自体が『環境に優しい庁舎』のメッセージとして生き続けていく。 大木: 実際、太陽光パネルの設備的な寿命は近づいているそうですが、金城さんが、教育的にも十分意味があったとおっしゃっていたのが印象的でした。 竣工以来、多くの学校から子どもたちが見学に訪れたそうです。「将来は環境を守る仕事につきたい」という感想をもらったという話も伺いました。竣工後約20年が経っても、大切な環境の学びどころになっている。環境建築は、省エネルギー量などの目に見える数値に気を取られがちですが、建物を通じていかに人々が環境について考えるきっかけとなるかといった点も大きな役割なのだと改めて感じました。   一緒に訪ねてもらいたい!沖縄おすすめスポット 糸満市庁舎と合わせて今回レポーター3名が訪れた、沖縄のおすすめスポットをご紹介します。 クリックするとPDFが開きます 2021年10月19日 特記なき撮影:日本設計広報室
Case Study
竣工後四半世紀を超え継承した価値を未来へ
新砂プラザは、日本設計の設計監理により1993年に竣工しました。以来、適切な保全計画に基づき、建物の美観や性能が良質に維持され続けてきました。私たちは計画の立案や修繕に主体的に関わり、クライアントと価値を共有しながら、建物とともに歩み続けてきました。 2020年7月に完了した大規模改修は、四半世紀に及ぶ建物保全の集大成といえます。改修内容は、オフィスの価値向上と環境負荷低減、災害時の事業継続性を確保するBCP対応、長周期地震動に対する安全性を高める制振補強の3本からなります。加えて新築当初からの設計思想をよく理解し継承することで、既存ストックの活用に留まらず、機能・品質・安全性の更なる向上と長寿命化を達成しました。改修にあたり、原設計の特性である主要機能を2階以上に集約した浸水対策、メンテナンスや将来的な機能更新に配慮したゆとりのある設備スペースなどが大いに役立ち、築き上げてきた価値を継承した、次世代への新たな価値創造に繋げました。 オフィスビルの価値向上と環境負荷の低減 多様化・高度化するテナントニーズへのオフィスの価値を高めるための建築・設備の全面改修を行いました。 基準階オフィスでは中廊下を撤去して一室化し、室内レイアウトの自由度向上、採光・眺望などによる室内環境の向上を達成しました。共用部では、トイレ・リフレッシュコーナーなどアメニティ機能の充実化、デザインのアップデートを実施しました。 新築当初より、地下空間を活用した3,000㎥の蓄熱水槽、敷地内緑化や空中庭園など、環境負荷低減につながる自然と融合したオフィスに向けた先進的な試みがなされていました。今回の改修もその設計思想を継承し、全館照明LED化、高効率空調機や節水型衛生器具への更新による省エネ化・節水化、フリーアクセスフロアの補修による再利用等、更なる環境負荷低減とともに、設備機器の更新履歴も考慮したライフサイクルコストの視点に立つ経済性に留意しました。インテリアデザインもそうした当初の設計思想を継承し、緑豊かな環境をテーマとしたコンセプト、環境配慮仕上材の採用など、新たな価値を生み出しています。 浸水対策されたオフィスのさらなるBCP強化 新規テナント候補が入居条件として提示した、災害時の長時間電力供給に対応するためのBCP対応工事も行いました。 原設計では、東京湾堤防の決壊による浸水を想定し主要な設備室を2階以上に配置する万全の対策がとられていましたが、さらなるBCP強化として、オフィスエリアや防災設備への72時間の電力供給を実現しています。 維持管理の容易さも考慮し、非常用発電機(1000KVA×1基、625KVA×1基)を浸水深さより上部の2階レベルに新設しました。地上レベルへの設置となる燃料移送ポンプについては、浸水機能を有する製品を採用しBCP運用の確実性を担保しました。 敷地に制限がある都心部のオフィスビルではオイルタンクの地中埋設が困難になりがちですが、原設計のゆとりある配置計画により、オイルタンク(30,000L×2基=60,000L)を屋外駐車場の地中に埋設することができました。 制振改修による耐震安全性の確保 日本の都市部に多い100m級の超高層ビルの耐震改修は、ビル単体の耐震グレードの向上だけでなく、都市防災機能の強化につながる社会的テーマですが、工事費や改修後の美観など課題も多いのが実情です。 新砂プラザでは、制振効果の高い同調粘性マスダンパーの採用により既存躯体の補強箇所を減らし、工期短縮と工事費低減を図りました。 また制振部材と置型空調機をペリメーターゾーンに一体的かつコンパクトに納めることで、メンテナンス性を確保するとともに、既存部の改修範囲を縮小してオフィススペースへの影響を最小限としました。 空間と調和した構造デザインの実現を目指し、オフィス内に現れる制振部材の周辺架構はスレンダーなV字型ブレース(φ152.4)とし、美観と外部への眺望も確保しています。

PROJECTS

NEWS

2022.04.28
受賞ニュース
iF DESIGN AWARD 2022 受賞のお知らせ
熊本城特別見学通路が受賞しました。
ニュース
think 都市建築 連続セミナー 第1回 4月27日よりYouTubeにて配信
第1回は岸井 隆幸先生をお招きし、「更新する都市、向かうべき都市の姿」についてのトークセッションです。2022年4月27日よりYouTube日本設計チャンネルにて配信しています。
イベント
think都市建築 連続セミナー YouTube配信のご案内
都市が直面する課題は、交通、環境問題、防災、エネルギーと時代とともに、複雑化しています。そして今、COVID-19や2050年の脱炭素達成と社会全体で取り組むべき課題が目前にあります。その都市における時代の公益的な思潮を切り拓く建築:都市建築に、日本設計は知見と技術を生かし設立当初から数多く携わってきました。建築・都市の分野でご活躍の先生方をお招きし、これまでの都市建築を振り返りながら、次世代の都市のための新たなヴィジョンを議論する連続セミナーを計7 回にわたり開催します。第4 回以降は6月以降にご案内する予定です。 第1回は4月27日よりYouTube日本設計チャンネルにて公開予定です。 日本設計公式YouTubeチャンネルからアクセスしてご視聴下さい。 事前登録は不要です。   第1回「更新する都市、向かうべき都市の姿」 講師 岸井 隆幸 氏  2022年4月27日 配信 一般財団法人計量計画研究所(IBS) 代表理事 ・ 政策研究大学院大学 客員教授 1977年東京大学大学院都市工学専攻修士課程修了・博士(工学) 建設省勤務を経て1992 年~日本大学理工学部土木工学科、2017年~IBS代表理事、2018 ~ 2022年日本大学特任教授。2010 ~2012年公益社団法人日本都市計画学会会長。 登壇者 豊川 斎赫 氏 千葉大学工学部総合工学科 准教授 松本 光史 日本設計 執行役員 都市計画群長   第2回「都市建築があぶり出す大地性」 講師 三谷 徹 氏  2022年5月末 配信予定 ランドスケープアーキテクト ・ 東京大学大学院工学系研究科建築学専攻 教授 ピーター・ウォーカー事務所、ササキエンバイロメントデザインオフィスを経て、 1998年オンサイト計画設計事務所を設立し、現在までランドスケープの設計活動を継続。 滋賀県立大学環境建築デザイン学科、千葉大学大学院ランドスケープ学コースでの教育研究を経て、現在に至る。 登壇者 篠﨑 淳 日本設計 代表取締役社長 神宮司 高久 日本設計 執行役員   第3回「都市の“ツボ”を押さえる」 講師 出口 敦 氏  2022年6 配信予定月末 東京大学大学院新領域創成科学研究科 研究科長 ・ 社会文化環境学専攻 教授 1990年 東京大学大学院博士課程修了(工学博士)。2011年より東京大学教授。 2020~2022年 公益社団法人日本都市計画学会会長。 専門分野は都市計画学、都市デザイン学。UDCK、 UDC2およびUDC信州のセンター長、一般財団法人UDCイニシアチブ代表理事も務める。 登壇者 神宮司 高久 日本設計 執行役員 田中 健介 日本設計 都市計画副群長   セミナーについてのお問い合わせはこちら 日本設計コーポレートサイト 050-3139-7003 受付10:00~17:00(平日) イベントパンフレットはこちら
page top
RECRUIT
日本設計のチームを支えるのは
あなたの情熱と意欲です。